お相手してきたデリヘル嬢達を体験談にして、大百科をつくるのが夢です。

フェロモン超えてスケベ臭が漂う熟女風俗嬢

この前博多で呼んだデリヘル嬢は四十路の熟女さんでした。熟女の風俗嬢というとフェロモンが匂い立つもんですが、その人の場合はフェロモンよりもスケベ臭が漂う、そんな雰囲気を持っていました。

ホントに臭っていたわけではないんですが、スケベなオーラが漂っている、そんな人だったのです。

下半身がムッチリした体つきの人でしたから、それもあったかもしれません。体つきだけでなく、キスやフェラしてくる時の表情もスケベさ全開でしたから、濃すぎるくらいのスケベさでした。

こういう人相手だと、自然とむこうのペースでプレイを進められてしまいます。こっちが頼まなくとも、むこうから迫ってくることにはなりますから。お風呂場で体を洗われてすぐに、上に乗られての騎乗位素股をされてしまいました。

こちらがイキそうになったところで、スケベな表情を浮かべながらのフェラに切り替え、そのまま口の中に吸い取られることになってしまいました。

しつこいほどの後始末をされて、今度はベッドで。尻を押し付けられてのバック素股や正常位素股で、いろいろと体位を変えながらアソコを擦りつけられてしまいました。

またもやこのときも、口で吸い取られてしまったことは、言うまでもありません。
デリヘル 博多

気持ちよくさせるのが好きすぎるデリヘル嬢

風俗嬢だとさすがと言っては何ですけど、変わった嗜好を持っている人もいるもんです。

ある痴女系のデリヘルから来た姫なんですけど、プレイ開始早々オナニー見せてと来たもんです。まさかのオナクラプレイで楽するのかと思いつつも、とりあえずそれに従いました。

で、なんだかウットリした表情でこちらの様子を見ていたのですが、今度はオナニーしているサオ先に舌を這わせるなどちょっかいを出してきました。それでしまいにはムスコをいじりだすことに。

さっきよりいい顔してる、なんて言っていましたから、どうやらより気持ちよくなっている表情が見たくて、こんなやり方をしていたようです。ずっとこちらの表情を窺いながらサービスしてくる感じでしたから、気持ちよくさせるのが楽しすぎて、という人だったようです。

その分、変に焦らされることがなかったので、その点は有難かったかもしれません。最後も69で同時イキさせてもらいましたから、最初はびっくりしたものの、後から考えてみればいい内容だったかもしれません。

ゴツい体の風俗嬢に激しい体勢で抜かれる

ゴツい体した風俗嬢というのも、なかなか責めがいがあります。それに合わせてプレイも激しいものにはなってしまいますが。

デリヘルからきた、背も高めの嬢を相手にしたときのことです。なかなか肩幅も広い人でしたから、それががっちりした体に見せているようでした。それでいて筋肉質ともなれば、完全にアスリート体型ともなるのですが、そこまではいかないので、適度にムッチリ感のある体です。いうなれば、大き目のエロい体とでも言ったらいいんでしょうか、外人のヌードモデルみたいな体つきをした人でした。

おまけに自分の体を良く見せることも分かっている人でしたから、ハイレグ水着を着て迫られることになりました。エロいデザインのものではなく、シンプルなものだったんですが、なぜだか興奮させられるものでした。

それを着たまま着衣でのパイズリされたり、大きめなお尻で尻コキされたりと、ムスコの休まる暇もありませんでした。こっちも夢中になりながら、その嬢を貪るように責めて、いい具合になったところで、まんぐり返しの格好で素股をさせてもらいました。

こちらは膝を割って立ちながら、むこうは腰を下から宙に浮かして股間を擦り付けるものでしたから、なんだかすごい体勢で抜かれることになったのです。